借地権の概要

借地権とは、その土地を所有者から優先的に継続して借り続けることができる権利のことです。これにはさらに、地上権、土地賃借権、永小作権、地役権があります。これは土地だけではなくその土地に建つ建物も所有を目的とする権利です。 この借地権は少々複雑です。借りている側の立場は、「建物は自分のもの、だけれどもその建物が建っている土地は借りているもの」ということになります。普通に考えても他人の土地に自己所有の家を建ててもいいのでしょうか。土地の固定資産税は地権者が払います。地代は当然借り主が払います。

この権利は家を建てた人が、突然「この土地から出ていけ」と言われたら困るので借り主を守るための権利なのですが、これは地権者の立場から考えると、借り主にとても有利な権利のように思えます。 というのも、貸している土地に家を建てられたのではずっと土地を返してもらえないのではないでしょうか。 その土地の所有者なのに使いたいときに使えない、貸している土地ですが他の目的で使いたいというときに使えないということは問題のように思えます。

実際にはそのように土地が半永久的に戻ってこない状況ということも少なくないようです。 それでも土地を返してもらいたいときは地主が立ち退き料を支払うということもあるのです。 このような借地法は平成4年より前に契約した旧借地法で、それ以降は新借地法となり、内容は地権者側が有利になっているようです。 気になる借地法ですが、ここでは借地権課税、税金を中心に説明していきます。

[特選サイト]
借地権に関することをなんでも無料で相談出来るサイトです → → 借地権 相談

Copyright © 2014 借地権課税のキホン All Rights Reserved.